ニキビ跡の直し方で教えてもらった薬とは

薬

薬

ニキビ跡は表面的なお肌のトラブルではなく、皮膚組織の奥細胞の異常です。この事に注目した薬を探すことがポイントとなってきます。逆に言えば、ニキビは薬で消すことができますが、ニキビ跡(炎症以外の赤みがかったニキビ跡、色素沈着したニキビ跡、凸凹クレーター状のニキビ跡)は市販薬だけで消すことができるのでしょうか。

 ニキビ跡は塗り薬など、市販薬だけで消すことができないので、皮膚科の専門医と相談し他の治療法を考える必要があります。ニキビ跡はどの症状でもすでに皮膚組織が異常を起こしダメージを負っている状態なので、皮膚組織を根本的に治療する方法でないと消すことができないのです。たとえ使ったとしても気休め程度しかならず、逆に炎症が悪化することも考えられます。

では、どうすればよいのでしょうか?

レーザー治療など 参考記事「ニキビ跡を直し方・皮膚科クリニックでの治療方法」外科的に治療する方法はありますが、失敗したらどうしよう!とか、色々なネガティブな事をいっぱい思い浮かべてしまいます。そんなあなたのために、薬や皮膚科に頼らない方法を上げてみます。

ニキビ跡とは、皮膚組織が異常を起こし壊れてしまっている状態です。ならば、もう一度皮膚を再生してしまえばいいという考えで、素肌のターンオーバー効果を促進することに着目してみましょう!

「肌のターンオーバーを促進する」ためには、皮膚の修復力を高めてあげる「ビタミンC」の摂取が効果的です。ビタミンCと言えばサプリメントなどの飲んで取得するのが主流ですが、お肌にはビタミンC誘導体というのがあって、肌に直接ビタミンCを取り入れることができる化粧水なども市販されています。

ビタミンC誘導体の美容効果

ビタミンC誘導体には、新陳代謝を促す作用を代表とし抗酸化作用などがあります。ニキビ跡など、できてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用などさまざまな美容効果があります。

 

ビタミンC誘導体は、分子が小さくなって浸透しやすくなったタイプで、真皮に直接コラーゲンの生成に働きかけることができます。シミ、シワなどのお肌のたるみに代表される、さまざまなトラブルに効果が期待できる成分です。注意するポイントはお肌に直接染みこむように影響を与えるものなので、肌が乾燥ぎみの人などは刺激に敏感になってしまうことがありますので痛みを伴う可能性もあります。自分がどんな肌タイプなのかを見極めて、ビタミンC誘導体など配合成分なども確認し適切なケアを心がけましょうね!

 

 

The following two tabs change content below.

akunekinchan

ニキビケア情報はお肌のことで悩むお洒落を意識した方のために、少しでも役に立てればという思いで、アクネちゃんが学んだ事をレポート形式で記録! はじめまして! サイト管理人のアクネちゃんです。17才と**才の美肌とニキビの悩みに追求した女2人の思春期と大人の悩みに本気で取り組み、美肌を目指して運営しています。

コメントを残す